ムラサキシメジはどこへゆく

ラブなピーポーのフェイバリットシングスとソウルをリスペクツします

20170215

劉備 關羽 張飛 雖然異姓 既結為兄弟 則同心協力 救困扶危 上報國家 下安黎庶 不求同年同月同日生 只願同年同月同日死 皇天后土 實鑒此心 背義忘恩 天人共戮

三国志演義より

パスドラやモンストの影はなく、横山版を読むには早いと言われていた頃に出会った三国志で印象に残ったのは四面楚歌と上の桃園の誓いの場面でした。
引用するにあたってざっとあたったのですが、三国志正伝がエンタメ化していく過程で追加されたエピソードだという説があると。

『我ら名字は違うが兄弟みたいなもの。困ったら互いに助け合う、国や民に対してもそう。もらった恩を忘れるような真似したらコロス』
くちなししめじによる超抄訳

留学生だらけのグループ、日本人含め初対面で、共通の話題にできたのがメシとマンガ。
一人だけおかずを分けあえる仲の友人ができました。
考えかたや習慣の違いでもめたこともあります。日本食は何でもしょっぱい!と笑っていました。

わたしも彼らもその周りも笑って暮らすことはまだ難しいようです。



しょっぱいついでに。
「くちなし家のしめじさんがこんなことを言っていた」とオフで言われたことがあります。
くちなし家のA
の知人Bさん
に関わるCさん
のご家族Dさん
による情報提供でした。

似たようなことは最近に限らずはじめてでもありません。
Dさんにあたる人に媚びるなら『口無し』になるしかないのです。



口直しとして。
これを書く前に桃フレーバーの得体の知れない何かを食べたらハズレでした。
試される口。

20170209

よくわからない話。



自分に理解できない趣味や特技を持つ人を「ヲタクだ」いう人は相当います。

興味を持ったわたしが色々調べてしまう理由は、二の舞にならないためです。

子どもの頃、通学路にある橋が架け替えられました。
健康な学生でも気を抜けない勾配になり、橋の向こうの同級生と遊ぶのは難しくなりました。
環境破壊問題や建設費用はローカル誌で取り上げられましたが、そこを通る子どもが困るという話題は記憶にありません。
家族にも学校にも愚痴を言いましたが、みんなそうして通っていたし変えられないと言いました。

現在その辺りを通る子どもはほとんどいないと聞いています。
学校はなくなりました。

これから物好きな若いヲタクを集めて再建するとして相応の対価を支払う余力がどこにあるのか。
当時権力があったはずの自治体財政ヲタクや世代を超えた協力ヲタクは何ができていたのか。



郵便局に行ったらLINEスタンプつきの商品がありました。
新しく郵便局を建てる、増やすって話は生まれてこのかた聞いたことがありません。

ライフラインの基点増えないのに人が減る減るって、よくわからない理屈ですね。

20170204

放置していたゲームをいくつか再開して眼精疲労におそわれています。




ーーおまえの推しはおれの推し おれの推しはおれの推しーー

ちょっとジャイアンの言葉づかいを借りてみました。
ジャイアンと推しが同じだったら心強いような気がします。
暴走し始めたらジャイアンのかあちゃんに訴えればいいし、おそらく家業の関係でローカルイベントの情報が入ってきます。

昨日豆を撒きながら
「失敗しても責められないから楽しい」
と思ってしまいました。
採算無視でも伝統が続くのは誰かが知って反応してくれるからかもしれない。

1990年前後の就職氷河期を知る人が
「この世代のヤツらが次世代を作る余裕がなかったのではないか」という話をしていました。
あらゆるハラスメントし放題され放題の中で不幸の連鎖を減らす手段だったのかもしれません。
男女雇用機会均等法が成立したのはおよそ20年前ですが、近隣のスーパーのレジは大体女性です。
たまにいる男性は管理職の名札をつけているか、繁忙期の短期雇用のようです。

ーーキツすぎて直接関わりがないあなたの推しまでイヤになる前にーー






※生きるための智恵を流行りの言葉でさらっと並べた本は手に取らない主義です