ムラサキシメジはどこへゆく

ラブなピーポーのフェイバリットシングスとソウルをリスペクツします

20170204

放置していたゲームをいくつか再開して眼精疲労におそわれています。




ーーおまえの推しはおれの推し おれの推しはおれの推しーー

ちょっとジャイアンの言葉づかいを借りてみました。
ジャイアンと推しが同じだったら心強いような気がします。
暴走し始めたらジャイアンのかあちゃんに訴えればいいし、おそらく家業の関係でローカルイベントの情報が入ってきます。

昨日豆を撒きながら
「失敗しても責められないから楽しい」
と思ってしまいました。
採算無視でも伝統が続くのは誰かが知って反応してくれるからかもしれない。

1990年前後の就職氷河期を知る人が
「この世代のヤツらが次世代を作る余裕がなかったのではないか」という話をしていました。
あらゆるハラスメントし放題され放題の中で不幸の連鎖を減らす手段だったのかもしれません。
男女雇用機会均等法が成立したのはおよそ20年前ですが、近隣のスーパーのレジは大体女性です。
たまにいる男性は管理職の名札をつけているか、繁忙期の短期雇用のようです。

ーーキツすぎて直接関わりがないあなたの推しまでイヤになる前にーー






※生きるための智恵を流行りの言葉でさらっと並べた本は手に取らない主義です