ムラサキシメジはどこへゆく

ラブなピーポーのフェイバリットシングスとソウルをリスペクツします

20170209

よくわからない話。



自分に理解できない趣味や特技を持つ人を「ヲタクだ」いう人は相当います。

興味を持ったわたしが色々調べてしまう理由は、二の舞にならないためです。

子どもの頃、通学路にある橋が架け替えられました。
健康な学生でも気を抜けない勾配になり、橋の向こうの同級生と遊ぶのは難しくなりました。
環境破壊問題や建設費用はローカル誌で取り上げられましたが、そこを通る子どもが困るという話題は記憶にありません。
家族にも学校にも愚痴を言いましたが、みんなそうして通っていたし変えられないと言いました。

現在その辺りを通る子どもはほとんどいないと聞いています。
学校はなくなりました。

これから物好きな若いヲタクを集めて再建するとして相応の対価を支払う余力がどこにあるのか。
当時権力があったはずの自治体財政ヲタクや世代を超えた協力ヲタクは何ができていたのか。



郵便局に行ったらLINEスタンプつきの商品がありました。
新しく郵便局を建てる、増やすって話は生まれてこのかた聞いたことがありません。

ライフラインの基点増えないのに人が減る減るって、よくわからない理屈ですね。