読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ムラサキシメジはどこへゆく

ラブなピーポーのフェイバリットシングスとソウルをリスペクツします

20170319

何かが思い出せずにいます。

3月19日は節目の日だったはずなんです。
幼なじみの誰かの誕生日か、学校の試験か、卒業式か。
忘れてしまいました。

最近、実家の近くでずっと接客業をしている幼なじみに会えました。
勤務先は変わっていないはず、この時間ならいるはずだと思って行ったら店頭にいて。
お互い外見年齢と実年齢がバラバラですが目を合わせればわかるもの。
店内がかなり空いていたので、あたりさわりない世間話をしながら少し買い物をして、じゃあまたと。



本を読み続けていると読者を良くも悪くも裏切る何かに必ず当たります。
本なら閉じれば裏切りはおしまいですし、続きを読む読まないは自由です。
人間関係もLINEとSNSを退会して携帯を解約したらある程度はおしまいです。
自分が裏切っても残りそうなもの、蜘蛛の糸になりそうな何かはあるのか。
そう考えたらわたし自身はさほど心配いらないみたいでした。

「生き残った者」の言葉は強すぎて、トラブルの真っただ中にいる人に否定されることも多いんですよね。
どの業界にもいえることで、難しい話です。
わたし自身がこういう説教じみた話が詰まった本を金払って読むのがイヤでイヤで。
相反するものを抱えながら書くのもイヤー!っていいながらタイプしてるという現状です。



そういえばこのブログは週一程度の更新を目標にしていたのでした。
ペースを取り戻して、また書きはじめます。
わたしがわたし自身をあまり裏切ることのないように。